毒男クロニクル・・・・ 44歳毒男のダメ年代記 闘病編

骨髄移植を行い、妹の血が俺の体内を駆け巡り、生かされて生きている男の年代記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

移植前日まで

PCすら触れなかったので、まとめて記入します



@抗がん剤投与3日目

体がだるい
ひどい倦怠感 hb2,2のときよりも辛い
からだがまったく動かない
寝ると悪夢にうなされる
PCなんて操作する気力も無い
トイレに行くのも面倒になってくる
少し動くだけで嘔吐感が半端ない
節々や骨が痛い
唯一の楽しみの食事すら食べたくない

人はそこまでして、何故生きるのかとか思うようになる
この状況が続くのなら、安楽死の方が余程楽だろ
これでも、昔よりは良い薬も出て少しはマシになったとのこと
顔は強張り、目には涙を浮かべている
2度目の移植はありえない


@抗がん剤投与4日目

3日目の状況が更に重くなる
体の中を抗がん剤が駆け抜け、悲鳴をあげているのがわかるようになる
1日4回の投与だが、抗がん剤がカテーテルから血管にたどり着くと
その部分が熱くなり、心臓を抜け肺に到達すると、肺が熱くなっていく
そして、全身が熱くなっていく
睾丸も痛くなる
全ての臓器が移植に最後の抵抗をしているようだ・・・


@抗がん剤5日目
4日目と違う抗がん剤の投入
状態は4日目とあまりかわらない
でも、体の反応から考えると、少しはマシな気がする
とうとう尿瓶を使ってベッド上で小便をする羽目に
銭の戦争最終回・・・見る気力すら無し


@抗がん剤6日目
昨日よりは倦怠感や嘔吐感は改善した
食欲も少しはある
輸液を高カロリーに変更
毎日2リットル以上の輸液を突っ込まれていて、辛いのに小便が大変



@移植前日
昨日までは抗がん剤で造血幹細胞やその他を殺していたと
思うのですが体調が完全してきた
少しは気力も出てトイレや風呂も可能になった
食欲も少しは出てきた
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

プロフィール

蜂飼候補生

Author:蜂飼候補生
骨髄移植、腰椎圧迫骨折、小腸GVHD、ステロイドによる筋力低下、糖尿、肝臓、各種副作用のコンボ

退院したと思ったら、今度は胆石で各種GVHD復活

筋力も低下して、トイレに行くのが精いっぱい

希望が見えると、奈落へ落とされるこの人生
人生ウルトラハードモードで生かされて生きてます。

株価チャート(簡易版)

by 株価チャート「ストチャ」

カテゴリ別

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月と星と妖精ダストのブログパーツ

特別な日には流れ星が降ります

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Zくん

電力使用状況&電気予報

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

ブログ内検索

Copyright (C) 毒男クロニクル・・・・ 44歳毒男のダメ年代記 闘病編. All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。