毒男クロニクル・・・・ 44歳毒男のダメ年代記 闘病編

骨髄移植を行い、妹の血が俺の体内を駆け巡り、生かされて生きている男の年代記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

移植後79日目

ウイルス性膀胱炎で排尿時に強烈に痛いので、先生と相談して
尿道カテーテルを入れることになった

看護師的にはカテーテルの方が尿瓶管理より楽なので
早くから進められていたのだが・・・


いざ入れてみる
チューブを見てドン引き
外径8mmぐらいあるぞ・・・

それを先生が亀頭からピンセットで入れていく
挿入時死ぬほど痛いと聞いていたが、それ程でもなかった
まあ、我慢できるレベルの痛さ

で、いざ排尿すると、強烈な痛みとともに、横から漏れるし・・・
サイズが細いということで、もっと太いサイズに交換

1日に2度もカテーテル入れるかよ・・・


それでも、激痛と供に亀頭から尿が漏れてくる・・・
先生、血の血餅が多いので詰まると諦めるし・・・・


この時点で再起不能
息子が痛すぎて一切触らないでくれ・・・


看護師が座薬の痛みどめを入れて、先生は泌尿器科へ行けとか
言い出すし・・・
結構無責任


とりあえず、泌尿器科でエコーを当てて、膀胱に特段影響がないのを
調べてもらった
ここで、膀胱カメラ挿入とか言われたら、マジで暴れそうな
気分だったわ


で、結局、今までどうり、尿瓶で尿をすることに。

残ったのは、カテーテル挿入時に尿道や膀胱が傷ついて更に激痛が・・・
更に24時間の持続点滴で1日当たり2リットルの投入
尿の回数が増えて痛みばかりが増してしまう




看護師の話しを聞いて楽になるというのは出鱈目だった。


そもそも、口腔外科の馬鹿医者が俺の背骨を圧迫骨折させて、
整形外科医の診断でシャワーもできなくさせて、不潔になって
こんなことになったのだから、全てが口腔外科の馬鹿医者が悪い

復職やまともな生活もマジでできなくなるのではないかと・・・
やっぱりここはヤブ医者だった


関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

プロフィール

蜂飼候補生

Author:蜂飼候補生
骨髄移植、腰椎圧迫骨折、小腸GVHD、ステロイドによる筋力低下、糖尿、肝臓、各種副作用のコンボ

退院したと思ったら、今度は胆石で各種GVHD復活

筋力も低下して、トイレに行くのが精いっぱい

希望が見えると、奈落へ落とされるこの人生
人生ウルトラハードモードで生かされて生きてます。

株価チャート(簡易版)

by 株価チャート「ストチャ」

カテゴリ別

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月と星と妖精ダストのブログパーツ

特別な日には流れ星が降ります

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Zくん

電力使用状況&電気予報

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

ブログ内検索

Copyright (C) 毒男クロニクル・・・・ 44歳毒男のダメ年代記 闘病編. All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。